収益シミュレーション

最低限、賃料低減を考慮した10年ほどのシミュレーションは、必須でしょう。

収益シミュレーション

収益性の査定に必要な空室率の求め方

収益シミュレーション編 (3) 空室率の査定 前回まで、『賃料の査定』『賃料の下落率の査定』について記してきましたが、今回は、『空室率』について考えます。 『空室』とは、文字通り賃借人が退去してしまい、賃料が取れない状態のことです。この『空...
収益シミュレーション

収益物件の利回りはどれくらいが適当なのか?

収益シミュレーション編 (4) 還元利回りの査定 前回までの、『賃料の査定』『賃料の下落率の査定』『空室率の査定』で、賃貸経営のシミュレーションは可能です。年ごとの収支は出すことができるので。 ただ本来、収益不動産は、資産運用という側面もあ...
収益シミュレーション

適切な賃料が求められなければ収益性は判断できない

収益シミュレーション編 (1) 賃料の査定 収益不動産の評価において、一番といっていいくらい大切なのが『賃料の査定』です。 そもそも収益不動産というものは、賃料収入を前提としているので当たり前なのですが、『賃料の査定』を軽んじている方もよく...
収益シミュレーション

賃料の下落率はどれくらい見込むべきか?

収益シミュレーション編 (2) 賃料の下落率の査定 前回、『賃料の査定』について記しましたが、その賃料は、あくまで“現時点”でのものです。 そもそも『賃料』というものは、マーケットが一定であれば、下落していくのが普通です。保有不動産が古くな...